メインコンテンツへ セールや企画などのイベント情報へ 商品カテゴリのナビゲーションへ

TOP>お手入れ方法

Use & Care Method

はじめに
家具製品は表面素材として、天然木や化粧板を使用したものを主としております。
著しく湿気の多い場所でのご使用は表面素材の剥がれの原因となりますのでお避けください。
天然木を使用した商品は木目・色が微妙に異なる場合や黒点が入る場合もありますが、素材の特性であり不良品ではありません。返品・交換を承ることはできませんので予めご了承ください。
組み立て式の家具は、部品の精度差により若干の隙聞やズレが生じる場合があります。
また、組み立て作業をご依頼された家具につきましでも、納品後に蝶番やネジなどの調節、キャスターなどの一部取り付けをお客様にしていただく場合があります。
  • ソファ
  • テーブル
  • ダイニングチェア
  • ダイニングボード
  • ベッドフレーム
  • マットレス
  • 羽毛掛けふとん・羽根まくらフェザークッション
  • ベッドパッド
  • ラグ

ソファ

ご使用の前に

脚の取り付けは、脚のネジを本体底面のネジ穴に合わせて、ねじ込むだけで簡単に取り付けられます。(右図a参照)

a 本体

使用上のご注意

ソファの上に立ち上がって歩いたり、飛び跳ねたりしないでください。内部のウレタンフォームやS字スプリングに負担が掛かり、座り心地に影響をおよぼします。

長くご愛用いただくために、一部の商品を除き、ソファパーツの販売をしております。クッションにへたりなどを感じた場合は座クッション1つからでもご購入いただけます。

ソファーパーツのご購入はコチラ

無理な座り方や動かし方をすると脚のネジがゆるみ、ぐらつきや接続部の破損につながります。定期的に点検してネジを締め直してください。

例:コージーソファ

お手入れ方法

ご購入いただいたソファカバーのお洗濯方法は、商品に付いている洗濯表示をご確認ください。

ソファのアームなど特に汚れが気になる部分は、ぬるま湯で薄めた中性洗剤をふくませて固く絞った布で表面をたたくように拭いてください。その後きれいなぬるま湯をふくませて固く絞った布で再度拭いてください。

飲み物や食べ物をこぼした場合は、すぐにティッシュペーパーや布で水分を吸い取ってください。その後「2」をおこなってください。
市販の防水防汚スプレーを定期的にスプレーすることで汚れがつきにくくなり、また汚れも落としやすくなります。
※防水防汚スプレーは使用上のご注意をよく読んでご使用ください。

シンナー、ベンジンなどの薬品は製品が変質するおそれがありますので使用しないでください。

カバーの着せ替え方

  • 着ているカバー脱がせます。
  • 本体と背・座クッションがすべてヌードの状態に。
  • 新しいカバーを着せて、背・座クッションを本体に戻します。
  • 着せ替え完了。

フェザー仕様ソファのお手入れ方法

天然素材のフェザーを使用した商品は、定期的なお手入れによってフェザーのやわらかさ、心地よさが維持できます。

  • 背クッション・座クッションのカバーを脱がせます。
  • 背クッション・座クッションから、フェザー部分のみを取り出します。
  • フェザー部分を小さく丸め、クッション内の空気を抜きます。
  • フェザー部分を、側生地の痛みや汚れを防ぐためにシーツやカバーでおおい、天日干しまたは風通しのよい日陰で両面を干してください。
  • お手入れ後の背クッション・座クッションを戻して完了です。お手入れ後は、背クッション・座クッションともに羽毛の柔らかさが回復します。

▲TOPへ

テーブル

ご使用の前に

床がフローリングやビニルタイルなどの場合は、脚の接地面に厚手のフェルトを貼ると傷が付きにくくなります。(右図b参照)

天然木を使用しているため、直射日光が当たる・高温多湿になる場所での使用は避けてください。変色・そり・塗装のはがれ・割れなどの原因になります。

b厚手のフェルト

使用上のご注意

テーブルの上には、陶磁器・ビニル類のクロス・熱いもの・濡れたものを直接置かないようにしてください。天板の風合いを損ねる原因になります。

長期間使用していると脚のネジがゆるみ、ぐらつきや接続部の破損につながります。定期的に点検してネジを締め直してください。

お手入れ方法

乾いたやわらかい布で拭いてください。目立つ汚れは薄めた住宅・家具用合成洗剤をふくませた布で、手垢の汚れはお湯をふくませた布で拭いてから乾拭きをしてください。

シンナー、ベンジンなどの薬品は製品が変質するおそれがありますので使用しないでください。

▲TOPへ

ダイニングチェア

ご使用の前に

床がフローリングやビニルタイルなどの場合は、脚の接地面に厚手のフェルトを貼ると傷が付きにくくなります。(右図c参照)

天然木を使用しているため、直射日光が当たる・高温多湿になる場所での使用は避けてください。変色・そり・塗装のはがれ・割れなどの原因になります。

c厚手のフェルト

使用上のご注意

無理な座り方や動かし方をするとぐらつきや接続部の破損につながります。

お手入れ方法

乾いたやわらかい布で拭いてください。目立つ汚れは薄めた住宅・家具用合成洗剤をふくませた布で、手垢の汚れはお湯をふくませた布で拭いてから乾拭きをしてください。

シンナー、ベンジンなどの薬品は製品が変質するおそれがありますので使用しないでください。

ご購入いただいたダイニングチェアカバーのお洗濯方法は、商品に付いている洗濯表示をご確認ください。

▲TOPへ

ダイニングボード

ご使用の前に

必ず水平で安定した場所に設置してください。フローリングなど傷付きやすい床面での使用は、床の傷やへこみなどの原因となりますので十分ご注意ください。

アジャスター付きの商品は必ずアジャスターを使用し、家具の水平を調整して下さい。ダイニングボード本体のゆがみの原因になり、扉等の開閉に影響が出る場合があります。

コンセント付き製品は、コードの焼損のおそれがありますので、壁から3cm以上離して設置してください。

使用上のご注意

火災や火傷、製品の変形のおそれがありますので、火気や暖房器具のそばでは使用しないでください。

天然木を使用している部分は、湿気などの影響により、使用中にヒビ・割れ・ソリなどが発生する場合があります。また、ささくれなどでケガをしないようにご注意ください。

思わぬ事故や破損、ケガの原因となりますので次のことにご注意ください。
お子様がいたずらしないようにしてください。乗る・ゆするなどの無理な力をかけないでください。集中的に荷重がかからないようにできるだけ均一にものを置き、必ず耐荷重以内でご使用ください。移動する際は、載せてあるものを全て下ろしてください。

棚付き製品については、次のことにご注意ください。
全体のぐらつきや棚のたわみが多い場合は収納重量を減らしてください。全体を安定させるために重いものは下段においてください。

引き出し付き製品については、次のことにご注意ください。
引き出しの開閉時に指などを挟まないようにしてください。引き出しが飛び出すことがありますので、急に動かさないでください。転倒・破損の原因となりますので、引き出しを引いた状態で荷重をかけたり、引き出しを2段以上同時に開けないでください。

扉付き製品については、次のことにご注意ください。
引き出しの開閉時に指などを挟まないようにしてください。破損の原因となりますので、扉を強く閉めないでください。

長期間使用しているとネジがゆるみ、ぐらつきや接続部の破損につながります。定期的に点検してネジを締め直してください。

腐食やカビ・変形・変色の原因となりますので、次のことにご注意ください。
直射日光の当たる場所や高温多湿になる場所に長時間置かないでください。水分・油・洗剤などが付着した場合は素早く拭き取ってください。濡れたものや熱いものを置かないでください。シール・テープなどを貼らないでください。

接着剤に含まれる有機溶剤(ホルムアルデヒド)が残っている場合があります。臭いが気になる時は換気を良くしてご使用ください。

コンセント付き製品について

死亡または重傷を負うおそれがありますので、次のことにご注意ください。
コンセントに表示されたワット以下でご使用ください。濡れた手でプラグを抜き差ししたり、水のかかるところでの使用は止めてください。コードは束ねて使用したり、無理に曲げたり、物を載せないでください。ご使用にならない時や移動する時にはプラグを抜いてください。

ケガをしたり財産に損害を与えるおそれがありますので、次のことにご注意ください。
表示された電圧で使用してください。タコ足配線は止めてください。電源プラグの曲がったものを差し込んだり、中途半端に差したりしないでください。また、定期的に清掃してホコリなどを取り除いてください。

コンセントの分解や改造はしないでください。

コードを動かすと電源が点いたり消えたりする場合や、コード部分が熱くなる場合は使用を止めてください。また、コンセント部が割れた場合も使用を止めてください。

お手入れ方法

目立つ汚れは薄めた住宅・家具用合成洗剤をふくませた布で拭いてから、きれいなぬるま湯をふくませて固く絞った布で再度拭いてください。

アルコール、ベンジン、漂白剤、みがき粉などは製品が変質するおそれがありますので使用しないでください。

▲TOPへ

ベッドフレーム

ご使用の前に

脚の取り付けは、脚のネジを本体底面のネジ穴に合わせて、ねじ込むだけで簡単に取り付けられます。

天然木を使用している部分は、直射日光が当たる、高温多湿になる場所での使用は避けてください。変色・そり・塗装のはがれ・割れなどの原因になります。

使用上のご注意

べッドの床材には天然木のすのこを使用しています。
すのこの上に直接乗ると折れる場合がありますので決して乗らないでください。

長期間使用しているとネジがゆるみ、ぐらつきや接続部の破損につながります。定期的に点検してネジを締め直してください。

ベッドの床材の下に市販の除湿剤を置いたり、床材とマットレスの間に市販の除湿シートを敷くと湿気によるカビの発生防止になります。

使用上のご注意

お手入れ方法

乾いたやわらかい布で拭いてください。目立つ汚れは薄めた住宅・家具用合成洗剤をふくませた布で、手垢の汚れはお湯をふくませた布で拭いてから乾拭きをしてください。

シンナー、ベンジンなどの薬品は製品が変質するおそれがありますので使用しないでください。

ベッド下はゴミやホコリがたまりやすい場所ですので定期的に掃除をしてください。

▲TOPへ

マットレス

ご使用の前に

マットレスは湿気を避けて、風通しをよくしてお使いください。

ベッドの床材の下に市販の除湿剤を置いたり、床材とマットレスの間に除湿シートを敷くと湿気によるカビの発生防止になります。

マットレスの上に立ち上がって歩いたり、飛び跳ねたり、無理に折り曲げたり、強い衝撃を与えるような行為は決しておこなわないでください。

取扱い上の注意

ダニ、カビを発生させないため、設置の際は、高温多湿の場所を避け、部屋の換気をこまめに行ってください。

シングル、セミダブルは1人、ダブル、クイーン、キングは大人2人以内でご使用ください。

マットレスは2ヶ月ごとに前後、表裏(※)を入れ替えてください。平均的にご使用いただくことでマットレスを長持ちさせることができます。(※ピロートップマットレスを除く)

床に直接置いてのご使用は、湿度によるカビ等の発生のおそれがあるため設置できません。

▲TOPへ

羽毛掛けふとん・羽根まくら・フェザークッション

ご使用の前に

羽毛掛けふとん・羽根まくらは側生地の傷みや汚れを防ぐためにカバーを掛けて使用してください。またカバーはまめに洗濯してください。

使用上のご注意

どんな小さな穴でも羽毛・羽根が飛び出しますので、針や安全ピンなど先の尖ったものを側生地に刺さないでください。

縫い目などから羽毛・羽根がでてくることがありますが、少量の場合は問題ありません。

購入直後や湿度の高い時期は、羽毛・羽根特有の臭いがすることがあります。端から丸めるようにしっかりと折りたたんで臭気を押し出して、新しい空気を入れ替えます。その後風通しのよい場所で3〜4時間日干しすると、ふんわりとした風合いが戻ります。

羽毛・羽根が片寄った場合は、表面をかるくほぐすようにたたき内部の羽毛・羽根をならしてください。

お手入れ方法

側生地の傷みや汚れを防ぐためにシーツやカバーでおおい、天日干しまたは風通しのよい日陰で両面を干してください。

側生地が部分的に汚れたら、すぐにつまみ洗いをして十分に乾燥させてください。

クリーニングの際はクリーニング店または専門業者にご相談ください。

▲TOPへ

ベッドパッド

<コットン・ポリエステル>

使用上のご注意

ベッドパッドの上には必ずシーツなどを掛けてご使用ください。

お手入れ方法

定期的に風通しのよい日陰で干してください。

ご家庭で洗濯する場合はネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗濯してください。また3分以上の脱水はしないでください。

<ピロートップ>

使用上のご注意

定期的に風通しのよい日陰で干してください。

まめに前後のローテーションをしていただくと快適な寝心地が長持ちします。

お手入れ方法

2週間に1度は日干しをしてください。

使用しない時は日干ししてからポリ袋などに入れて、 なるべく湿気の少ない所へ保管してください。

▲TOPへ

ラグ

ご使用の前に

製品の特性上、仕上がりサイズが若干異なる場合があります。

使用上のご注意

表面がザラついたものや突起物との摩擦により、糸が引き出されたり、ループ状になることがあります。取扱いにご注意ください。

製品の特性上、使用中に毛乱れや毛玉が生じたり、毛羽が衣類などに付着することがありますのでご了承ください。

製品の上を歩行する際はつまづかないようご注意ください。

お手入れ時には粘着クリーナーを使用しないでください。パイル抜け、毛羽乱れの原因になります。

回転ブラシ付の掃除機を使用すると、パイルが巻き込まれることがあります。その際は無理に引っ張らず、一旦掃除機の電源を切ってから取り除いてください。

湿潤時には色落ちしやすいので、濡れたままにしないようにご注意ください。

※お手入れ方法については商品に付いているタグをご確認ください。

▲TOPへ